柳小路出版株式会社は、
日本の英語教育の改革を目指します

 

日本人の英語苦手の本当の原因は不適切な文法(ガラパゴス英文法)にある

 
日本人の英語苦手の本当の原因は、一般的に思われているリスニング能力にあるわけではなく、誰も疑いを持たなかった文法が、英語から日本語の翻訳文を作ることを主な目的とした不適切な文法(日本で独自に発展・進化した「ガラパゴス英文法」)であったことにあるのです。

英語との間に日本語が介在する不適切な文法(ガラパゴス英文法)

従来の文法は、英語文から日本語訳を取り出すにはそれなりに効率の良い文法でした。
それは、「構文」を中心に置いて「時制の一致」のような英語文から日本語訳を機械的に作りだす「便法」を取り入れた、文を基本単位にした文法で、私たちは取り出した日本語から英文のイメージを得ていたのです。
このような文法は、英語に堪能でない人でも英語文から情報を取り出すことが求められた時代にはそれなりに適切なものでしたが、英語で世界中の人々と交流することが求められる現代にはふさわしいものではありません。
英語との間に日本語が必要になる文単位の文法では、会話など英語でコミュニケーションを取る際には全く無力などころかかえって邪魔となり、それが日本人を英語苦手にしていた原因だったのです。

英語から直接イメージが浮かぶ正しい文法

現代に必要な文法は、日本語を通さず英語から直接イメージが浮かぶ、文でなく単語(品詞)を単位にしたネイティブが頭の中に持っている文法です。
英語が使える人は、自分では気付いていなくても、誰でもこの正しい文法を頭の中に持っていて、その文法で英語を操っているのです。
日本ではこれまで、その正しい文法を留学など時間と費用のかかる方法を通して、学習者自らが体験的に得るのが一般的でした。

ネイティブ感覚の暗記しない英語学習法 大学教育出版(刊)

ネイティブ感覚の暗記しない英語学習法は、これまでのように文を単位とする「高級な」英文法にかわり単語(品詞)を単位とするシンプルで使いやすい英文法を身に付ける方法を紹介した本です。
文を単位とする文法は、語単位の文法が身に付いているネイティブスピーカーには意味のあるものではあっても、それが身に付いていない私たち日本人が英語を身に付けるのには適切なものではありません。
私たちが英語を身に付けるには、その前段階の語(品詞)単位の文法が必要なのです。
ネイティブ感覚の暗記しない英語学習法では、その語(品詞)単位の文法を身に付ける方法を紹介しています。

 

藤沢・柳小路出版株式会社は、ネイティブ感覚の暗記しない英語学習法で紹介している語(品詞)単位の英文法を日本の英語教育分野に広める活動を続けてまいります

 
 
 
 
 

英語講座を開催します。

 
「ネイティブ感覚の暗記しない英語学習法」の著者が講師を務める、英語講座を開催します。

湘南地区英語無料講座

高校生を対象にした受験にも有効な語(品詞)単位の文法を身に付けることができる無料講座を開講いたします。
英語が得意で英語のスキルアップを目指す高校生、英語が苦手でどう勉強していいか分からない高校生など様々な高校生の参加をお待ちしています。
詳しい日程などは決まり次第お知らせします。
 
 
詳しい内容は英語教育の藤沢・柳小路出版株式会社 英語講座のページをご覧ください